金利が低くなった

消費者金融は少し前までは敬遠されるものとしてのイメージが強かったのですが、最近では、テレビなどのでもCMが流される程、一般の方でも手軽に借りられるイメージに変わってきています。特に、20歳以上で、仕事をしていれば誰でも借りられるようになったというのがイメージアップに繋がったのではないでしょうか。
まだ、イメージがサラ金としてのものは強かったころは、多くの消費者金融がいわゆるグレーソーン金利での融資をメインにしていました。このグレーゾーン金利を活用することによって消費者金融は利益を得ていたのです。
しかし、ここ最近では、金利はぐっと下がりました。その理由として消費者金融などから融資を受けていた方で重なる借金で自己破産となる方の数が増えました。この自己破産者の増加という現状をみて、国が融資に関する法律を見直すことになり。結果、今までのグレーゾーンでの金利が廃止されたのです。こういった背景の中、多くの消費者金融は金利を下げざるをえなくなり、現在のような金利に落ち着いたのです。
最近の消費者金融を見ていると、銀行系のローンの金利とさほどの差がないような消費者金融もあるようです。また、銀行系のカードローンの場合、審査の内容が厳しい、審査の結果までに時間がかかるという事が言われていますので、消費者金融ではそういった銀行系のデメリットが解消されるようになって、利用しやすくなっているのも事実です。このような傾向から消費者金融を利用する方は今後も増加していくのではないかと思います。